PFAS(花粉-食物アレルギー症候群)とは?

FASは、花粉症に合併する疾患です。花粉に感作した人が原因となる花粉と関連する食品(果物・野菜等)を食べた直後に、唇・口・喉などにイガイガ感やかゆみ・腫れなどアレルギー症状を引き起こします。
PFASは、口周辺のアレルギー症状のためOAS(口腔アレルギー症候群)とも呼ばれます。
PFASはなぜ起こるの?
花粉症の原因物質と似た物質が果物等の食物に含まれているからと言われています。
どの季節に飛散する花粉とどのような食物と関連性があるの? 
花粉症の原因となる花粉は年間を通して飛散しています。原因となる花粉によりPFASを引き起こす原因食物は異なります。そのため、花粉症の原因特定が治療の第一歩です。
PFASはどんな症状?
主な症状は、食物摂取直後から口周辺に現れることが多く全身に症状が現れることもあります。

PFASは、花粉症に合併する疾患です。花粉に感作した人が原因となる花粉と関連する食品(果物・野菜等)を食べた直後に、唇・口・喉などにイガイガ感やかゆみ・腫れなどアレルギー症状を引き起こします。PFASは、口周辺のアレルギー症状のためOAS(口腔アレルギー症候群)とも呼ばれます。


■PFASはなぜ起こるの?
花粉症の原因物質と似た物質が果物等の食物に含まれているからと言われています。


■どの季節に飛散する花粉とどのような食物と関連性があるの? 
花粉症の原因となる花粉は年間を通して飛散しています。原因となる花粉によりPFASを引き起こす原因食物は異なります。そのため、花粉症の原因特定が治療の第一歩です。




■PFASはどんな症状?
主な症状は、食物摂取直後から口周辺に現れることが多く全身に症状が現れることもあります。

 

■PFASの対策ポイントは?

PFASの原因と診断された食物は避ける、原因となる花粉が飛散する時期に、発症・悪化などするため、花粉飛散時期には花粉対策を実施するなど対策をすることができます。

 

アレルギーかな?と思ったら医師に相談してみましょう

 

アレルギー疾患の原因や症状は様々です。アレルギーの原因や症状にはどのようなものがあるのかを知り、医師による正しい診断のもとで、アレルギーの原因に合わせた適切な対策をおこなうことが大切です。アレルギーの症状や原因についてわかりやすい動画にまとめております。

↓こちらから動画が閲覧できます。