パパとママが知っておきたい 子どものアレルギー

【監修】あいち小児保健医療総合センター 伊藤浩明先生

 

アレルギーとは

私たちの体には、外から入ってきた異物を排除しようとする「免疫」という機能が備わっています。免疫は、細菌やウイルスから体を守ってくれる大切な仕組みです。ところが、ときとしてこれが過剰に働き、食べ物やホコリ、花粉など、身の回りにあって体に害のないものにまで反応してしまい、かえって体に害を起こしてしまうことがあります。これがアレルギーです。アレルギーは、体に入ってきた異物に対して「IgE抗体」というタンパクが作られることから始まります。作られたIgE抗体は、目・鼻・肺・皮膚・腸などの粘膜にある「肥満細胞」に結合し、再び体に異物が入ってくると、それに反応して、かゆみや鼻水などの症状を引き起こす原因物質*を作り出します。こうしてさまざまなアレルギー症状が現れます。アレルギーを起こしやすい体質は、ある程度遺伝する傾向があります。ご家族にアレルギーの方がいると、お子さんにアレルギーが起きる可能性が少し高くなります。

※原因物質の代表はヒスタミン。かゆみ止め、鼻みず止めのお薬は、ヒスタミンの働きを止める「抗ヒスタミン薬」です。

 

 

アレルギーの原因は身近なところにあります

アレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。
アレルゲンは私たちの周りのいたるところに存在します。食べ物として体内に入ってアレルギーを引き起こすのが「食物アレルゲン」です。鶏卵・乳製品・小麦などが代表的ですが、魚・ピーナッツ・イクラ・果物などのアレルギーも増えています。ホコリ・ダニ・花粉・昆虫・動物のフケや毛など、吸い込んだり触れたりすることによってアレルギーを引き起こすアレルゲンもあります。
アレルゲンとなる物質は人によってさまざまです。1人が複数の原因アレルゲンをもつこともあります。

 

アレルギーで起こる病気

1)食物アレルギー
食べものが原因となって引き起こされるアレルギーを「食物アレルギー」といいます。
赤ちゃんに多く、10人にひとりにみられるといわれています。
赤ちゃんは消化機能が未熟なため、食物に含まれるタンパク質を分解しきれず、大きな分子のまま吸収してしまいます。そのためIgE抗体が作られやすく、アレルギー反応を起こすのです。主な症状として、発疹・じんましんなどの皮膚症状、お腹が痛くなるなどの消化器症状、ゼイゼイするなどの呼吸器症状があります。二つ以上の症状が急激に激しく起こることをアナフィラキシーといいます。
赤ちゃんの食物アレルギーは、消化力の発達に伴って治っていくことが期待できます。  

2)アトピー性皮膚炎
皮膚にかゆみを伴う湿疹が見られ、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性的に続きます。ジクジクした赤い発疹が、頭部・顔・関節部分・耳などに生じ、ときとして体中に広がります。耳の付け根がただれて切れる「耳切れ」という症状も特徴です。夏の汗や強い日差し、冬の空気の乾燥など、季節の影響を受けて症状が変化します。かゆみが持続し、かくことによって症状が悪化していきます。

3)気管支ぜんそく
アレルゲンを吸い込んで気管支にアレルギー反応が起き、気道がせまくなってスムーズな呼吸が妨げられます。息を吐く時に「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という音をともなう、苦しげな呼吸や慢性的な咳が特徴です。進行すると気道に炎症が起きてさらに過敏になり、ちょっとした刺激でも発作が起こりやすくなります。

4)アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎
アレルゲンが鼻や目に反応すると、くしゃみ・鼻みず・鼻づまり、目のかゆみ・充血などの症状を引き起こします。季節を問わず症状が続くものはダニが原因であることが多く、特定の季節に症状がでるものは花粉が原因の「花粉症」の可能性があります。近年では発症年齢が低くなってきており、2歳で花粉症が出るケースも珍しくなくなってきています。

 

アレルギーの症状は変化します

アレルギーの症状は、成長にともなって変化していきます。湿疹や食物アレルギーを持った赤ちゃんが、カゼをひいたときにゼイゼイして「ぜんそく」と診断され、幼稚園の頃から結膜炎を発症する、といった経過をとることもあります。このように、アレルギー症状が次から次へと変化していくことを「アレルギーマーチ」と呼びます。アレルギーの原因となる物質も、この過程でさまざまに移り変わっていきます。
最近では、アレルギーマーチの行進が早く、1歳の時点で全てのアレルギー症状を持ってしまうこともあります。

 

アレルギーの治療は原因さがしから 

アレルギー症状が出てしまったら、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏、気管支拡張薬などの薬で症状を和らげます。また、症状を予防するために、普段から飲み薬や吸入薬を使うことも大切な治療法です。
しかしアレルギーを根本的に治療するには、薬だけでは不十分です。原因アレルゲンや悪化因子を突きとめ、それを生活の中で避けて症状を防ぐことのほうが、より大切です。原因アレルゲンとの接触が続けば、アレルギー症状が慢性化して治療が困難になっていきます。症状が慢性化する前に原因アレルゲンを見つけましょう。
食物アレルギーの治療は、原因食物を食べないないこと(食物除去)が原則です。隠れたアレルゲンを見逃さないためにも、逆に不必要な除去をしないためにも、アレルゲンを正確に見つける診断が必要です。食物が原因と思っていた湿疹が、実はペットのイヌに起因するものだった、ということもあるものです。

では、除去すべき原因アレルゲンはどのようにして調べればよいのでしょうか。 典型的なアレルギー症状は、アレルゲンに出会ってから比較的早く、多くは1時間以内に現れます。卵を食べてすぐにじんましんが出た、ネコにさわったらすぐに目が腫れたなどの症状の場合は、検査でIgE抗体が確認できれば診断はほぼ確実となります。しかし、毎日食べている小麦や、家のホコリなどが原因アレルゲンであるかどうかを見きわめるためには、注意深く症状を観察し病院で詳しい検査を受けることが必要です。
原因アレルゲンは自己判断せず、できるだけ早く医師に相談して検査・診断を受け、適切な治療を始めましょう。 

 

原因アレルゲンさがしは簡単な血液検査から

原因アレルゲンを見つけるために、病院ではいくつかの検査を行います。もっとも一般的で多くの病院が行っているのが、血液検査です。

特異的IgE抗体検査
原因と疑われるアレルゲンに対する血液中のIgE抗体量を調べるものです。
少量の採血で数種類のアレルゲンを同時に調べることができる、体への負担が少ない検査法です。疑われるアレルゲンに出会ったときの症状がはっきりしていれば、この検査で診断が確定できます。症状との因果関係がはっきりしない場合は、この検査結果を参考にして、より詳しい検査へと進みます。

皮膚テスト
皮膚にアレルゲンを作用させ、反応を検察します。
アレルゲンを皮膚に注射する方法(皮内テスト)、皮膚の上に垂らしてから針で少し傷つける方法(プリッ久テスト)、絆創膏に塗って皮膚に貼り付ける方法(パッチテスト)などがあり、アレルゲンの種類やアレルギーの症状に応じて検査法を選択します。

食物除去試験
アトピー性皮膚炎の原因として食物アレルギーが疑われる場合に行います。
疑わしい食物を数週間食べずに過ごし、湿疹の改善を観察します。母乳栄養の場合は、お母さんの食事から除去します。症状が改善されればその食物が原因である可能性があります。

食物負荷試験
疑わしい食物を実際に食べて、アレルギー症状がでるかどうかを観察します。
アレルギーの有無だけでなく、症状を起こす摂取量や症状の強さも確認できるため、具体的な食物除去の方針を決定することもできます。強い症状を誘発する可能性もあるので、専門医のもとで実施されます。

 

血液検査の結果は
7つのクラスで示されます

それぞれのアレルゲンに対する特異的IgE抗体検査の結果(IgE抗体価)は、7つのクラス(0~6)で示されます。数値の高さがIgE抗体の量の多さを示します。
IgE抗体価が高いほど、そのアレルゲンが原因でアレルギー症状を起こす可能性が高いといえます。しかし、アレルゲンによっては、抗体価が高くてもアレルギー症状が起きない場合があります。また、抗体価の高さと症状の強さは必ずしも相関しません。
陰性の場合、原因アレルゲンである可能性は極めて低いのですが、例外的には原因になっている場合もあります。
血液検査の結果だけで判断するのではなく、アレルゲンとの接触と症状の関係をよく観察した上で、医師と相談しながら正しい診断を得ることが大切です。

 

学校生活管理指導表
~アレルギーのお子さんをサポートする新しい制度がスタートしました~

 アレルギー疾患をもつ子どもたちの学校生活をサポートするため、日本学校保健会が教職員向けに、症状の説明や対応策を盛り込んだ指針を作成しました(監修:文部科学省)。これにともない小中高等学校では、お子さんにアレルギー疾患があり学校でのサポートを希望する保護者に対して「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」を配布することになりました。保護者の方は、主治医などに必要事項を記入してもらったうえで、これを学校へ提出します。学校では全ての教職員がこの情報を共有化し、発作時の対応や給食・運動に関する指導に活かします*。 「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」には、5つのアレルギー疾患(①気管支ぜんそく ②アトピー性皮膚炎 ③アレルギー性結膜炎 ④食物アレルギー・アナフィラキシー ⑤アレルギー性鼻炎)ごとに、疾患の内容、処方薬、学校生活上の注意点、緊急連絡先などを記入します。特に食物アレルギーでは、診断の根拠を示すことになっています。 学校の先生にも子どものアレルギーについてよく理解していただき、適切な対応をしていただければ、安心してお子さんを学校へ送り出すことができますね。*各自治体により実際の運用方法が異なる場合があります。

 

アレルギーQ&A

 

Q:両親ともアレルギー性鼻炎です。子どももアレルギーになるでしょうか?

A:アレルギー体質は遺伝する傾向があります。統計的には、両親ともアレルギーがある子どもは、片親だけアレルギーのある子ども、両親ともアレルギーが全くない子どもと比べるとアレルギーを起こす可能性が高いといえます。しかし、アレルギーは100パーセント遺伝的な病気ではなく、育った生活環境の影響も大きいため、必ず発症するとも限りません。また、両親が鼻炎であっても子どもには食物アレルギーが発症するなど、アレルギー疾患の種類や原因アレルゲンは必ずしも親子で共通するとは限りません。  

Q:アトピー性皮膚炎にならずに、いきなりぜんそくになることもあるのでしょうか?

A:アトピー性皮膚炎やアレルギー体質がなくても、気管支が敏感な子どもは、カゼやたばこの煙、運動などによってぜんそく症状が出る場合があります。一般にこうしたタイプのぜんそくは、小学校入学頃には治ることが多いといわれています。しかし、大きくなってからダニや花粉のアレルギーが出てくることもありますから、症状を繰り返す場合は、定期的な検査を受けましょう。

Q:イヌやネコなどのペットはアレルギーによくないのですか?

A:赤ちゃんのうちからペットと濃厚に触れ合うと、かえってアレルギーが抑制されるという疫学データもあります。しかし現実には、自宅や実家でネコを飼っている家の赤ちゃんがアトピー性皮膚炎を発症した場合、ネコがアレルギーの原因になっていることも少なくありません。アレルギーがある場合は、ペットを飼うのは控えたほうがよいでしょう。
 

お医者さんにかかる前に

病院では、短い診察時間の間に、お医者さんに必要な情報を要領よく伝える事が大切です。次のような情報を整理してメモしていくと便利です。また、次回受診を決めるために、家庭や仕事・園・学校の予定を確認して、希望の日時を伝えられるようにしておきましょう。

■初めて病院にかかるとき

 □ 初めて症状が出た時期と症状の内容(湿疹、じんましん、ゼイゼイなど)

 □ 症状が出たきっかけ(食べ物、動物との接触、家の引っ越しなど)

 □ その後の症状の経過
       (ずっと続いている、一度よくなって再発した、時々繰り返す)

 □ これまでにかかった病院、検査結果、使用してきた薬の名前

 □ 家族にアレルギーがある

 □ ペット(自宅や実家)、喫煙者の有無

■定期的に受診するとき ~前回以降の情報や質問したいことを整理して伝えましょう~

<食物アレルギーの場合>

 □ 除去している食べ物、誤食して症状が出た経験、誤食しても症状が出なかった経験

 □ 食べてよいか確認しておきたいもの

 □ 園や学校へ提出する書類について

<湿疹の場合>

 □ 湿疹の状況

 □ 使用した軟膏の種類と量

 □ 軟膏の効果(塗っても効かない、塗れば効くけれどすぐ悪化する)

 □ 余っている薬の種類と量(余っている薬を全部持参するとよい)

<ぜんそくの場合>

 □ 咳やゼイゼイの出た日、発作のきっかけ、その時の対応

 □予防薬の使用状況、余っている薬の種類と量

 □ ぜんそく日誌やピークフローをつけている場合は、忘れずに持参する