どんな患者に対しアレルギー検査を実施すべきか?

人口の最大50%がアレルギーに関連する症状を経験します。4人の内およそ1人が、多くは自覚のないまま、IgE媒介アレルギーを実際患っています。それらはどれですか。また、アレルギー検査はどのように健康を向上させることができるでしょうか。

ImmunoCAPを用いた血液検査は、アレルギーに関連した症状を持つ患者とそうでない患者の、明確かつ正確な鑑別を行う上で貴重な手段のひとつになりえます。 アレルギーかそうでないかの区別は最適な患者管理をするための前提条件であり、投薬(抗ヒスタミン剤または抗生物質)または回避の助言を処方すべきかどうかの決定を導きます。結果として、患者の健康が改善される可能性があります。血液検査が高い価値を持つと思われる典型的な状況:

  • 持続的または反復性の症状を呈する患者
  • 治療効果を示さない患者
  • アナフィラキシー状の症状を訴える患者